デンタルガムについて

「単なるシュガーレスガムのことでしょ?」「口寂しい時のお菓子の代わりじゃない?」と思われますが、それだけではありません!デンタルガムは、歯ブラシや歯磨き粉と同じ予防歯科のセルフ用品です。

予防歯科の実現のためにプロケア(歯科医院側)セルフケア(患者さん側)が協働作業で進められることが不可欠であることは周知のことだと思いますが、審査結果を歯科医院側から聞くだけではなく、自分の口腔内の状況を知り、自分の歯を守るための具体的な予防方法を実践することが大切。

セルフケアにおける「だ液」というキーワード 

さまざまな口腔リスクを持つ患者さんにとって「だ液」は共通の需要キーワードといえます。

だ液の役割には自浄作用(口の中の汚れをだ液によって洗い流しきれいする作用)、緩衝作用(酸性の口腔内を中性に戻す作用)、再石灰化作用などが挙げられますが、なかでもむし歯リスクの高い患者さんに特に有用なのが「刺激だ液」です。

モノを咀嚼することで分泌される刺激だ液はモノを咀嚼しない時の「安静時だ液」に比べると酸性に傾いた口内を中性に近づけ歯の脱灰を防ぐ「重炭酸塩」という成分が何と最大約60倍も多く含まれています。

「だ液」出す習慣をセルフケアメニューに」取り入れる

この刺激だ液を日々のセルフケアメニューに上手に利用することで、口腔内の環境を効果的に整えることが出来ます。

つまり、デンタルガムは単なるシュガーレスガムで口寂しい時のお菓子の代用品ではなく、歯ブラシや歯みがき粉と同じデンタルセルフケア用品なのです。

デンタルガムの活用→咀嚼による刺激だ液をたくさん出すことを習慣つけることが大切。

毎食後、歯からカルシウムが失われ、脱灰が始まります。その為、食後に歯みがきが出来ない時などにおすすめします。(思うように歯みがきの時間が取れない方)

 

三木市、小野市、加東市、加西市、の歯科小児歯科(こども歯科)、無痛歯科、予防歯科 ホワイトニングなら

小野市の歯医者(歯科・歯科医院)

きらら歯科へ

📮675-1371

兵庫県小野市黒川町1679

0794-63-1818

FacebookもInstagramもしておりますのでぜひ、よろしければ、〝いいね″や〝フォロー″お願いします🤲

 

デンタルガムについて