「歯ぎしり・くいしばり」から大切な歯と顎を守りませんか?

歯ぎしり・くいしばり
  • 「歯ぎしり」がうるさいと言われたことがある
  • 朝起きると、顎がだるい、疲れている
  • 鏡でよく見ると、歯が欠けている

「歯ぎしり・くいしばり」は、ストレス、肩こり、かみ合わせの悪さ、アルコールやタバコによる逆流性食道炎、睡眠時無呼吸症候群などが原因で起こることがあります。

精神的なストレスによる夜間の「歯ぎしり・くいしばり」の場合、ストレスの発散にもなるので、カラダの正常な状態を保つためには決して無駄なものではありません。

ただ、過度な「歯ぎしり・くいしばり」は歯をボロボロにしてしまったり、歯を支える骨が隆起して変形してしまったり、あごに大きな負担がかかり顎関節症(詳しくはこちら)、になったり、せっかく治療した歯(補綴物)も割れてしまうことがあります。

根本的な原因を解決せずに「歯ぎしり・くいしばり」を治すことは難しいですが、マウスピース(ナイトガード)を歯にはめて、歯と顎を守ることは可能です。

小野市の歯医者、「きらら歯科」では患者様お一人おひとりにあったマウスピースをお作りしています。「歯ぎしり・くいしばり」でお困りの方はご相談ください。