お子様の歯が生えたら、小野市・三木市の歯医者「きらら歯科」までお連れください。

歯が生えたら虫歯予防を始めましょう

お子様の虫歯予防、いつから始めたらよいのかご存じですか? 当院では「歯が生えたときから」とお話ししています。虫歯は予防が可能な病気であり、小さいころからきちんと予防に取り組んでいれば発症を防ぐことができるのです。

小さなころからの予防習慣は、生涯のお口の健康維持につながります。お子様の歯が生えたら、小野市・三木市の歯医者「きらら歯科」の小児歯科までお連れください。

~何歳から診療が必要?~

歯が生えると同時に虫歯になる可能性が生じます。そして甘いものを口にする1歳ころになると、虫歯になる子供が増えてきます。しかし、小さいお子様に対して虫歯治療を行うのは難しいため、実際治療を始めるのは2~3歳ころ。虫歯の進行度合いを見ながら判断します。

~何歳から診療が必要?~

虫歯になるおもな原因は歯みがき不足ですが、小さいお子様はまだ自分で歯をみがくことはできません。濡れたガーゼでふいてあげることから始め、成長に合わせて歯ブラシを持たせてあげましょう。そしてご家族の方は、最後に仕上げみがきをしてあげてください。

歯科医院へは歯が生えたとき、もしくは気になるところがある場合などにいつでもお連れください。お子様の成長に合ったケア方法などをお教えします。

0歳からの虫歯予防

赤ちゃんの歯は、お母様のお腹の中にいるときからつくられ始めます。そのため、妊娠期のお母様はバランスを考えた食事を規則正しくとるなどの注意が必要です。

0歳からの虫歯予防

また虫歯菌は、生まれたばかりの赤ちゃんのお口には存在しませんが、身近にいるご家族のお口からうつってしまいます。コップやおはしといった食器の共有、また愛情表現のキスなどが原因のため、すべてをシャットアウトすることは難しいでしょう。お子様の歯を守るには、ご家族がまずお口のケア・治療をきちんと行い、できるだけ虫歯菌の数を減らしておくことも大切です。

なお、もし虫歯菌がうつってしまっても、すぐに虫歯ができるわけではありません。虫歯になるのは、お子様のお口の中が甘いものをよく食べるために常に酸性になりがちだったり、歯みがき不足で菌が活発になりやすい環境になっていたりするときです。スポーツ飲料を哺乳瓶でいつも与えているのは危険といえます。できるだけ虫歯になりにくい条件を整えるために、ご家族の方は常にお子様のお口の中を気にしてあげてください。

子供のおやつについて~与え方のポイント~

まだ一度にたくさんの量を食べられない小さい子供にとって、おやつは大事な食事の1回。「虫歯のもと」と決めつけず、楽しい時間にしてあげたいものです。こちらではおやつの選び方や与え方などのポイントをご紹介します。

Point1 Point2
量を与えすぎない 時間を決めて与える
Point3 Point4
甘いものばかりにしない 栄養のバランスを考える
Point5 Point6
咬みごたえのあるものを選ぶ スポーツ飲料、ジュースは控えめに

フッ素塗布

お口の中に糖分が長く留まっていると、虫歯ができやすい環境がつくられてしまいます。虫歯を防ぐには、甘いものは控えめにし、ダラダラ食べにならないよう注意することが大切です。またおやつを食べた後にはうがいをするなど、ご家族の方が習慣づけてあげましょう。

当院の小児歯科メニュー

フッ素塗布
フッ素塗布 フッ素には歯質を強くし、歯の再石灰化を促す効果があります。そこで定期的に歯の表面に塗布することで、虫歯を予防できます。またごく初期の虫歯であれば治癒するケースもあります。
シーラント
シーラント 奥歯の溝には食べカスが詰まりやすく、さらに歯みがきをしても汚れが残りやすいため、虫歯になりやすいという特徴があります。そこであらかじめレジン(歯科用プラスチック)で溝を埋め、虫歯を予防する処置がシーラントです。
過剰歯の抜歯
過剰歯の抜歯 通常の歯より多い歯「過剰歯」が生えてくるお子様がいます。そのままにしていると歯並びを乱すなど悪影響を及ぼすことが多いため、抜歯を行う必要があります。おかしな場所に生えてきた歯があれば、お早めにご相談ください。

虫歯・歯周病は予防できる病気です。セルフケアとプロケアの両方を欠かさず、大切な歯をできるだけ長く守りましょう。

「きらら歯科」の予防歯科についてくわしくはこちら

「きらら歯科」は、お陰様で多くの患者様に選んでいただいています。当院が選ばれている理由についてご紹介します。

「選ばれる理由」についてくわしくはこちら