歯を失った方へ

歯を失った方へ

虫歯歯周病の悪化、また事故などによって歯を失ってしまうことがあります。そんなとき、奥歯だからとそのまま放置してしまうと、お口の中はバランスを崩し、歯並びや咬み合わせが乱れてしまいます。歯を失った場合はできるだけ早く適切な治療によって機能を回復させることが必要です。

歯を失ったときの治療には、入れ歯・ブリッジという選択肢があります。小野市・三木市の歯医者「きらら歯科」では、一人ひとりのお口の状態やご希望に応じて適した治療をご提案します。お気軽にご相談ください。

入れ歯治療について

入れ歯治療は、古くから親しまれている治療法です。失った歯の本数に合わせて、部分入れ歯または総入れ歯を製作し、咬む機能を回復させます。近年では、従来の入れ歯のデメリットであった「目立つ」「外れやすい」「咬みにくい」といった問題を解消する高機能な入れ歯も多く登場しています。

また、当院は歯科技工所を併設しているため、入れ歯の即日修理も可能です。入れ歯についてお悩みなら、一度当院までご相談ください。

入れ歯のメリット
メリット1
治療費を抑えられる
メリット2
治療期間が短い
保険適用の入れ歯なら、治療費が安くなります。また自費診療の入れ歯でもインプラント治療より費用を抑えることができます。 入れ歯の治療期間は、早ければ1ヶ月ほど。インプラント治療では数ヶ月~半年ほどかかります。
メリット3
誰でも治療を受けられる
メリット4
理想的な咬み合わせを回復できる
インプラント治療は全身疾患の有無などによって受けられない方もいます。一方の入れ歯は誰でも治療を受けることができます。 自費診療であれば、正しい咬み合わせを実現できる高精度な入れ歯をつくることができます。
きらら歯科取り扱いの入れ歯
保険の入れ歯
保険の入れ歯 床部分がレジン(歯科用プラスチック)でつくられた入れ歯です。部分入れ歯の場合は、金属のバネで固定します。床が厚く、装着時に多少の違和感が生じますが、費用が抑えられる、修理しやすいといったメリットがあります。
ノンクラスプデンチャー
ノンクラスプデンチャー 見た目が気になるバネ(クラスプ)をなくした部分入れ歯です。歯ぐき部分、適度な軟性を持つ自然なピンク色のシリコンでつくられており、見た目が自然なうえフィット感も優れています。
金属床
金属床 床部分を金属でつくった入れ歯です。金属は強度が高く薄くできるため、軽いのが特徴です。また金属は熱伝導率が高く温度を伝えやすいため、食事を楽しむことができます。

入れ歯でお困りの方へ

入れ歯でお困りの方へ

もっとも身近なお口の病気といえる虫歯。治療は「できるだけ早く」が大切です。虫歯について正しい知識を持ち、適切な治療・予防に取り組みましょう。

虫歯治療についてくわしくはこちら

歯周病は、悪化すると歯を失ってしまう病気です。日本の国民病と呼ばれ、気づかないうちに多くの方がかかっています。あなたは大丈夫ですか?

歯周病治療についてくわしくはこちら

虫歯・歯周病は予防が可能な病気です。生涯自分の歯を残すために、予防歯科で積極的に予防に取り組みましょう。

予防歯科についてくわしくはこちら