歯ぐきから血が出たら歯周病を疑ってください

歯ぐきから血が出たら歯周病を疑ってください

「歯みがきをすると歯ぐきから血が出る」といった症状に覚えはありませんか? これは歯周病のおもな症状の一つです。歯周病にかかっている可能性を疑ってください。歯周病は、日本人の成人の約8割がかかっている、または予備軍であるといわれる病気です。悪化すれば歯が抜け落ちてしまうこともあり、実に日本人が歯を失う原因の第1位に挙げられています。

大切な歯を守るには、早めの治療予防が肝心です。「歯周病かな?」と思う症状があれば、できるだけ早く小野市・三木市の歯医者「きらら歯科」までご相談ください。

歯周病とは

歯周病とは、プラーク(歯垢)に棲みつく歯周病菌が歯を支える顎の骨や歯ぐきを徐々に溶かしていく病気です。進行すると歯はグラグラし始め、さらに悪化すれば歯は支えを失って抜け落ちてしまいます。大切なのはできるだけ早く適切な治療を行い、進行を食い止めることなのです。

もしかするとその症状は歯周病?

歯周病はなかなか自覚しにくい病気です。次のような症状に覚えはありませんか? 一度チェックしてみましょう。

こういった症状が見られる場合は、すでに歯周病にかかっている可能性が高いといえます。早めの治療が大切な歯を救います。できるだけ早くご来院ください。

歯周病治療について

歯周病治療の基本となるのは「毎日の正しい歯みがき」です。同時に歯科医院でも専門的な治療を行いますが、いくら治療をしても歯みがきを疎かにすると歯周病を改善することは難しいといえます。

歯周病治療について

逆にいえば、きちんと歯みがきを継続していれば歯周病は改善することができます。まずは、毎日お口の汚れをきちんと落とすことが基本だと理解しておきましょう。

そこで当院では、患者様自身に正しい歯みがき方法を身につけていただくために歯みがき指導を実施しています。また歯みがきで落とし切れず、歯周ポケット(歯と歯ぐきの間の溝)にできてしまった歯石の除去を行っていきます。

歯周病が進行するにつれて歯周ポケットは深くなり、歯石を取り除くために麻酔を施したり、さらには歯ぐきを切り開いて除去する外科処置が必要になったりすることもあります。治療の負担を軽くするために、できるだけ早くご相談ください。

虫歯・歯周病は予防できる病気です。セルフケアとプロケアの両方を欠かさず、大切な歯をできるだけ長く守りましょう。

「きらら歯科」の予防歯科についてくわしくはこちら

虫歯は決して自然治癒することがありません。歯を失ってしまわないよう、できるだけ早期の治療を実現しましょう。

虫歯治療についてくわしくはこちら