これって顎関節症(がくかんせつしょう)!?

歯ぎしり・くいしばり

こんな悩みありませんか? 

  • 「あごが痛い」
  • 「あごが鳴る」
  • 「口が開けづらい」

上記のような症状が1つでも該当している場合、顎関節症の可能性があります。
顎関節症はあごの関節やあごを動かしている筋肉(咀嚼筋)の痛み、あごを動かした時の音、口を大きく開けにくい(開口障害等)という3つの主な症状をとりまとめた病名です。

適切な治療を行わないと、どんどん悪化してしまう可能性があります。最終的には、かみ合わせが変わってきて、顔の形が歪んでくることもあります。

顎関節症の原因は?

原因は様々あり、一つでないケースも少なくありません。特定することが困難な疾患と言われています。

ただ、根本的な原因は『あごに力がかかり過ぎていること』です。

この『あごに力がかかり過ぎてしまう』原因には大きく4つあります。

① 歯並びが良くない、かみ合わせが良くない
② 歯ぎしり、食いしばりが激しい
③ 姿勢が悪い(うつぶせ寝や頬杖 等)
④ 突発的に大きな力があごにかかった(事故 等)

これらのように、あごに大きな力が加わり、ストレスが限界値を超えると、あごを動かしている筋肉(咀嚼筋)・あごの関節・靭帯などに障害をもたらし、顎関節症を発症してしまいます。

顎関節症の治療

マニピュレーション

マニピュレーションとは下顎を下方へ引き下げ、関節円板が元の位置に戻るスペースを作ることで顎関節を正常な状態に戻す処置です。これは、特定の症状(病態分類Ⅲb)でかつ発症して間もなく、年齢が若い人に有効な処置です。

マウスピース(スプリント、バイトプレート)による治療

マウスピースを入れることで、噛んだとき、下顎骨と頭蓋骨のあいだに空間ができ、骨が削れたり、筋肉が挟まれて痛くなるような症状を軽減させることができます。顎関節症の悪化を予防することが可能です。

最後に

顎関節症は生活の質を著しく低下させる病気です。「あごが痛い」「あごが鳴る」「口が開けづらい」などの症状があれば、お気軽にご相談ください。